絶対、最強の恋のうた(中村 航/著)

『100回泣くこと』で始まった中村航氏とのおつきあい。アンソロジー『I LOVE YOU』を含めると、都合6冊めとなります。

今までがそうだったように、手に取ったきっかけは装丁でした。しかも『100回泣くこと』に似た赤いバック。これは夕焼けなのだと勝手に決めつけて開いた絶対、最強の恋のうたは、章ごとに主観が変わる形の恋愛作品。

いつの間にか中村航の作品を敬遠するようになっていました。
ミステリーに興味が映ったのか、作品がそれともきれいにまとまりすぎていることに対する抵抗なのか、何がきっかけとなったのか忘れてしまいましたが、ここ数年わざと避けていた気がします。

その分、かなり新鮮に感じた絶対、最強の恋のうた。決してカッコいい訳ではない彼と彼女の物語です。最後の締めを伏兵が見事に演じてしまっているところも素敵でした。


気になる評価は・・・★★★★☆
タグ:I LOVE YOU
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107053603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『絶対、最強の恋のうた』中村航 を読んで
Excerpt: 絶対、最強の恋のうた (小学館文庫)中村 航 内容紹介 社会科教師のおでこのテカリ占いをしては大受けしていた陽気でマシンガンな中学時代からクールで一目置かれる弓道部員の高校時代を経て、大学生になった私..
Weblog: そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)
Tracked: 2008-12-23 14:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。