漫才ギャング(品川ヒロシ/著)

漫才ギャング」は、売れない芸人と、札付きの不良が留置場で出会い漫才コンビを組むという物語。


感想を一言で表現すると面白い!面白いんだけれど前作”ドロップ”のインパクトが強すぎたせいか、個人的には満点はつけられませんでした。


それと活字中毒なもんで”あとがき”があれば読んでしまうのですが、すっきり大団円で終わるのですから”あとがき”は蛇足かも・・・作家の手から読者に伝えたいことはきっちり届いてますもの。


漫才に映画監督にと多岐に渡って活躍しているので、次作をいつ手に取ることができるのかわかりません。ひょっとしたらもう小説は書かないのかもしれないし・・・。


それでも「品川ヒロシ」の小説が書店に並んだら、手に取ってそのままレジへ持っていく読者は多いはず。そんな読者のひとりとして次作にも強く期待しています。



気になる評価は・・・★★★☆☆
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139006270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。