ボトムレス(拓未 司/著)

前に読んだ脂っこいキャラが忘れられずに手にとったのは最新刊ボトムレス
今度のお題は「死ぬほど旨い料理が食べられるレストラン」です。

実態は死ぬほど旨いを通り越して、死んでしまうひともちらほらというから、ちょっとホラーっぽい気も。
読み進めていくうちに、どんどん物語の世界観に引き込んでくれるあたりは流石です。

ボトムレスもし自分だったら「ホール」という名のレストランさえ見つけられないのか、はたまた「死ぬほど旨い料理」にありつけるのか・・・。いろいろと想像を膨らませてくれる1冊でした。




気になる評価は・・・★★★☆☆
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236818866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。