シ 新堂 冬樹カテゴリの記事一覧

アンチエイジング(新堂 冬樹/著)

以前読んだ女優仕掛人や枕女優では芸能界の暗部が描かれていました。
本書アンチエイジングはちょっと毛色は違うのですが、キャラクターの一人として芸能プロダクションの社長が登場します。


タレントの整形やこちら側からは見えない裏側で行われている部分を目にすると、実際に芸能プロダクションを経営している筆者にイメージを投影してしまうのですが・・・もしもそこまで一連の作品が作りこまれていたりして。


いつまでも若くいたい妻と、おねえちゃん好きの夫。
アンチエイジングには、この夫婦の転落していく様子が描かれています。テレビ番組や映画でなく小説なのに目を背けたくなる部分が多くて、読み終えるのが大変だった一冊です。


俗に「黒新堂」とか「白新堂」と呼ばれますが、アンチエイジングは「黒新堂」全開です・・・こんな思いをしてもしばらくするとまた手にとってしまうのはどうしてなのでしょうね。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。