シ 新堂 冬樹カテゴリの記事一覧

帝王星(新堂 冬樹/著)

帝王星は『黒い太陽』『女王蘭』と続く”キャバクラ界”を舞台にした長いお話の完結編。
手にとってはみたものの、いざ読み出してみるとそれほど惹きつけられる内容ではなく半分ほどは文字を追いかけるだけだったのですが、立花VS藤堂の代理戦争にしだいに没頭してく自分がいました。


読了後一定期間をおいて今レビューを書いているのですが、クライマックスシーンであれほど惹きつけられたモノは何なのか、ちょっとわからなくなっています。読者を惹きつける魔力でしょうか。


とりあえず”キャバクラ”に興味があってもなくても楽しめる内容ですので、書店で見かけたら是非。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。