シ 新堂 冬樹カテゴリの記事一覧

君が悪い(新堂 冬樹/著)

タイトルは君が悪いですが、いざ開いてみると”気味が悪い”お話でした。


中学教師である主人公、竹林英太は自らをお人好しだと思っています。
妻と別居して好きになったのがスナックのホステス・桃華。同じく彼女を狙っている常連客と揉めてしまったことをきっかけに竹林の転落人生が始まります。


どんな状況でも不都合が起きると相手のせいにするという安直な性格がものすごいです。
ただ連続殺人なんて犯罪に手を染める輩にはこんな直情型が多いのかもと、ちょっと怖くなりました。


徐々に明らかになる過去や強迫観念に苛まれる描写に急き立てられるように一気読みしてしまいました・・・早く読了させたかっただけかも?
ひどい目にあいつつも黒新堂を手に取ってしまうのはなぜなのでしょうね。


気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。