ヤ 山田 悠介カテゴリの記事一覧

自殺プロデュース(山田 悠介/著)

東西に分裂してしまった日本が舞台となるニホンブンレツ、いつもとは違った作風で泣かされちゃったその時までサヨナラと最近の山田悠介氏の著作に注目していただけに、自殺プロデュースでは、良い意味でも悪い意味でもなんだか裏切られたような気がします。


自ら死を選んだ人の最後を音楽で飾るという何とも風変わりな活動をするグループのお話。
あっけないくらい短い時間で読了できたのは、文章が読みやすいとかテンポがいいといったテクニックで読まされたわけではなく、ただ単に大きな文字と行間が多いからでしょうか。


悪い意味で裏切られた点としては、ドラスティックな変化がなくストーリーが終わってしまうこと。
「これじゃお話は膨らまないよな」と考えながら読み進めていたのですが、案の定ストンと物語が終わります。思いついたように付け足された感のあるエピローグも、もーちょっとなんとかならんのかと思いました。


良い意味では、やっぱり当たりはたまたまだったのねということ。
ただそのまぐれ当たりに出会いたくて、発売される山田作品をこれからもきっと読みつづけるんでしょうね。


気になる評価は・・・★☆☆☆☆
タグ:ホラー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。