ヤ 山田 悠介カテゴリの記事一覧

ニホンブンレツ(山田 悠介/著)

発売されたばかりのニホンブンレツを読了しました。

地理的にはご近所の彼の国でのお話のようで、実際の日本ではかなり突飛な印象を受けます。
タイトルのとおり東西に分裂してしまった日本が舞台なのですが、分裂のきっかけとなったのは都知事が吐いた大阪への暴言ですから・・・まんざらフィクションとして片付けられないのが怖いんですけれど、実際に読んでいるときはちょっと陳腐な設定に感じてしまいました。

ニホンブンレツ。独裁や階級といったものが身近ではない分、本を閉じてちょっと考えてみると怖くなりました。

パッと見、惹かれる装丁も素敵です。
ボリュームはありますが、一気読みできてしまう一冊です。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。