ヤ 山田 悠介カテゴリの記事一覧

その時までサヨナラ(山田 悠介/著)

伊坂 幸太郎、坂木 司、吉村 達也、そして東野 圭吾。年末から年始にかけて、お気に入りの作家さんの最近の著作を立て続けて読むことが出来ました。


先ほど読了して閉じた手元に残った1冊が、山田悠介著作のその時までサヨナラです。


タイトルと装丁で、なんとなくどんな内容なのかはわかっていたはずなのに、後半にさしかかってどんなクライマックスを迎えるのか身構えたにも関わらず、やっぱり泣かされてしまいました。


氏お得意のホラーではなくラブ・ストーリーでも魅せてくれました。
きっとコレがあるから、山田悠介やめられないんだなとなんだか再確認させられた一冊です。



気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。