ヤ 山本 幸久カテゴリの記事一覧

カイシャデイズ(山本 幸久/著)


プライベートな時間に会社について考えてみると、どうしても愚痴ばかりになってしまう・・・自分も含めてそんな人たちに一服の清涼剤となる。カイシャデイズはそんな一冊です。

カイシャデイズは、女神の呼び名/魔のトライアングル/夢破れて/いつもおひとり様/バームクーヘン/ガウディでよろしく/スナイパーヒロコ/社長教育ABCという8つのお話からなる連作短編集。癖のあるキャラたちがそれぞれの短編の主人公をかざり、最終話では社長がお出まし(笑)になります。

こんな会社、なんか良いよなぁと思わされたら負けです、多分。でも読み進めていくうちにやっぱり考えちゃう「なんかいいよなぁ・・・」って。

個人的に印象深かったのはやっぱりラストを飾っている最終話の社長の成り立ち。うすうす負けは認めていましたが、最後はやっぱりKOされちゃいました。




気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。