イ 伊坂 幸太郎カテゴリの記事一覧

マリアビートル(伊坂 幸太郎/著)

マリアビートルは都合24冊目となる伊坂作品。
当初は他の作品に出てくるキャラクターがまったく別の作品に登場するなど、深く考えなくても楽しめました。なんだかここ最近は難解なストーリーが続いていたような気がして、マリアビートルもちょっと身構えて開いたのですが・・・。


蓋を開けてみると登場するのはなぜか「殺し屋」ばかり。彼らは東北新幹線で一路盛岡へ。
「鈴木サン」に「槿」?なんだか懐かしい響きと思いつつページを捲っていくと、記憶が蘇ってきました(参照:グラスホッパー)。


檸檬と蜜柑という新しい”武器”を引っさげて、伏線をあちらこちらへと張りつつ進むストーリーは楽しく、なんだか久しぶりの伊坂マジックに触れることができた想いでした。


特筆すべきは王子さま。
こんなにも神経を逆撫でられてしまうイヤなキャラクターもいませんでした。ただこのキャラクターを作り上げたのも伊坂マジックの賜物。身の回りにはいてほしくないけれど、小説の中なのでなんとか折り合いをつけることができたような気がします。


マリアビートル、とても面白かったです。オススメです。
もし未読ならグラスホッパーで、できれば予習を済ませてからどうぞ。


気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。