■ア行の作家カテゴリの記事一覧

ダーリンは外国人2(小栗 左多里/著)


icon
icon

icon

第2弾も文化の違いや法律(戸籍とか)のことなど、当たり前だと思っていたことについて考えさせられました。各章の終わりにある「トニーのつぶやき」はダーリンの博学さがにじみでていて素敵。

圧巻なのは、前作でもそうでしたが根切り方はとっても勉強になります・・・できないけど。
全体を通して観察に愛情が感じられます。
個人的には前作の方がパンチがあったような気がしますがいかがでしょう?

小栗佐多里さんのサイトhttp://www.ogurisaori.com/


気になる評価は・・・★★★
タグ:ダーリン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。