誇りあれ 札幌方面中央警察署南支署(東 直己/著)

探偵はバーにいるにひき続いて手にとった東直己作品は誇りあれ
警察署同士のナワバリ争いはこの手の物語ではよく登場するお話ですが、徐々にあきらかになるのは巨大な利権・・・。


実際にありそうな内容に思わず前のめりになっていました。
・・・これ以上の感想がひねり出せないのはなぜでしょう?読み込みが足りないのかな。


とりあえず気になる作家さんが一人増えたので、これからチェックしていきます。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。