■ア行の作家カテゴリの記事一覧

てっぱん(今井雅子・関えり香/著)

NHK朝の連ドラで放映中のてっぱんを読了。
あまりテレビを観ない生活に加えて、NHKの朝の連ドラさえもつまらないと途中で観なくなってしまうのですが、てっぱんは最後までかぶりつきです。
小説は番組の放映終了までに上下巻をなんとか読みおわすことが出来て良かった。


今日(2011年3月31日)の放映を含めてもあと3回ですから、変な急展開はないとはわかっていても、どんな風に終幕を引くのか・・・やっぱり気になりますよね?自分自身、その点が気になったので小説を手にしました。


ビジュアルが頭にあるというのは小説だけを読むのとはやっぱり違うもので、俳優さんが演技しているイメージが想像の中に広がります。こんな感覚もはじめての経験でした。


てっぱん、いそいで本屋さんへ走れば最終回の放映までにはまだ間に合うかも。瀧本美織の頑張りにグッときちゃったあなたは是非。



気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。