◆外国人作家カテゴリの記事一覧

パズル・パレス(ダン・ブラウン/著)


icon
icon

icon
icon
久々に手にとった小説はダン・ブラウンの処女作パズル・パレスiconです。



幾人もの手によって巧妙に絡められた糸を主人公スーザン・フレッチャー、デイビット・ベッカーと一緒に辿っていくというストーリー展開はダ・ヴィンチ・コードiconと同様で、ストーリーが目まぐるしく変る様子は、むしろ心地いいです。



主題に選んだスーパーコンピュータやウィルスについても、よく調べてあり納得させられます。そして最大の山場となるトリックにも・・・。



唯一、違和感を覚えたのはエンセイ・タンカドやトクゲン・ヌマタカといった日本人登場人物の名前。スパコンに充てた取材時間の100分の1でも日本について調べてくれればこんな名前にはならなかったでしょうに。





最近、長編小説を手にしていなかったせいか上巻の序盤でかなり時間を浪費しましたが、流れに乗ったら1冊半以上を1日で読了してしまいました。
もう流行は去ってしまったかもしれませんが、ダン・ブラウンお薦めです!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。