■ハ行の作家カテゴリの記事一覧

僕、はまじ(浜崎 憲考/著)

僕、はまじ」はご存知”ちびまる子ちゃん”のキャラの一人、はまじが書いた本です。
冒頭では彼らが過ごした小学校3年生の頃のクラスメートの紹介、花輪クンも丸尾クンも多少脚色されていても実在の人物だったのねと、なぜかちょっと安心。


僕、はまじを読んでみて彼の半生は決して順風満帆ではなく、かなり遠回りをしている印象を受けます。でもそんなことは後になってから振り返ってみて気づくこと。だらだらと惰性で続けるのも、よし!と決断してスッパリやめてしまうのも自分で決めることですからね。


そんなに個性が強く描かれていないアニメのサブキャラ・・・はまじの印象をちょっと変えてくれた一冊でした。



気になる評価は・・・★★☆☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。