シ 重松 清カテゴリの記事一覧

みぞれ(重松 清/著)

みぞれを読了。
本書は11の短編からなるオリジナルの短編集。

拝啓ノストラダムス様
正義感モバイル
砲丸ママ
電光セッカチ
遅霜おりた朝
石の女
メグちゃん危機一髪
へなちょこ立志編
望郷波止場
ひとしずく
みぞれ

強烈に印象に残った作品は最後から数えて3つめの望郷波止場という作品でした。
一曲だけ売れて、そして消えていったいわゆる一発屋の演歌歌手が説得されて音楽バラエティ番組に出ることになったといストーリーが重松流のエッセンスが加わって独特のお話に仕上がっていました。

あとがきにある”息をするように「お話」を書きたい。”どのストーリーにも筆者の思いがたくさん詰まっていました。





気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。