シ 重松 清カテゴリの記事一覧

いとしのヒナゴン(重松 清/著)


icon
icon
平成の大合併に揺れる小さな町と、そこに暮らす謎の類人猿”ヒナゴン”にまつわる物語です。

このところ意識して選んでいる重松氏の長編小説です。
自分がまるで比奈町へ引っ越してきたかのようにゆっくりゆっくり登場する人々の名前と人間関係を覚えた頃、すっかり物語の中へと入り込んでいるのに気がつきました。そして読み進めていくうちに”ヒナゴン”が本当にいたらいいなと考えるようにもなります。

リンクしている画像にある帯の文字、読み取れますか?
すったもんだの末にたどりつくラストシーン、思わず泣けてしまいました。


気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。