シ 重松 清カテゴリの記事一覧

幼な子われらに生まれ(重松 清/著)


icon
icon
最近のレビューをご覧になっていただければお判りのとおり、重松清氏の作品が好きで集中して読んでいます。

主人公と自分を重ねることができる作品が多くて共感が持てるという点が、理由のひとつなのですが、この作品は読んでいて「痛み」を感じたような気がします。プレッシャーに負けそうで吐け口を求めてしまうあたりは、なんだかかなり嫌悪感があります。弱くても土俵際で踏ん張る。そんな意地に期待してしまうのは、自分の弱さにも触れられてしまったからでしょうか?


多少の環境の違いはあっても、このお話のような場面にはいずれ出くわすことがあるかもしれません。どのような判断を下せば良いのでしょう?予習のつもりで読んでみて欲しい1冊です。


気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。