シ 重松 清カテゴリの記事一覧

口笛吹いて(重松 清/著)


icon
icon
短編が5編、収録されています。
以前読んだ「送り火
icon」はちょっと趣が変わった内容だっただけに、オーソドックスな重松氏の作品に触れて、なんだかホッとできたというのが正直な感想です。

強く印象に残っている作品は、「春になれば」。
文章を書くのは難しいです。言葉を巧みに操って、そして紡いで、やさしく響く作品に仕上げているのはプロなのだからでしょうけれど、やっぱり見事。読了後はなんだか元気になれる作品です。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。