シ 重松 清カテゴリの記事一覧

送り火(重松 清/著)


icon
icon
筆者初の”アーバンホラー”なのだそうです。
読んでみるとホラーというよりも、重松氏が家族を描くお話の延長上にあるちょっと不思議な短編集といった感じです。どのストーリーも感情移入すると辛くなるものばかり……それもシゲマツワールドなのでしょうけれども。

オススメは本のタイトルにもなっている「送り火」。
エッセイ集『うちのパパが言うことには
icon』にも同じようなシーンが登場するところから、完全には創作ではないのかなと感じます。

氏が作品で取り上げる題材はどれも、誰もが身近に感じることばかり。でもこの1冊は、ちょっとだけ、ほかとは毛色が違っていたのが印象的でした。


気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。