シ 重松 清カテゴリの記事一覧

きみの友だち(重松 清/著)


icon
icon
思い出したのは、以前このブログでもご紹介した『100回泣くこと』でした。

ストーリーに共通する点があるというわけではなくて、ハードカバーの表紙に描かれている絵とタイトルが読み終わって本を閉じた時に染みてきます。


主人公は登場人物が章ごとにもちまわりでするという変わったツクリになっていて、ちょっと驚かされますが、すべては最後に明らかになりますので楽しみに読み進めて下さい。(といっても楽しむというタイプのストーリーではありませんけれども。)きっと優しく包まれるような感覚が残りますよ。

今まで読んだ重松 清氏の作品の中ではイチオシの作品です。


気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。