ヤ 山口 雅也カテゴリの記事一覧

キッド・ピストルズの最低の帰還(山口 雅也/著)


前作”キッド・ピストルズの慢心”から13年。はっきり言って続編なんて出版されるとは思ってもいなかったキッド・ピストルズの最低の帰還を読了しました。

本書は5編の短中篇からなります。
収録リストは次のとおり。


  • 誰が駒鳥(コック・ロビン)を殺そうが

  • アリバイの泡

  • 教祖と七人の女房と七袋の中の猫

  • 鼠が耳をすます時

  • 超子供たちの安息日



題材がマザーグースという点もキッドもピンクもあの頃のままでなんだか安心しました。
印象に残ったのは「誰が駒鳥(コック・ロビン)を殺そうが」。いちばん前に収録されていたことと、続編を匂わせる終わり方が気になったせいだと思われます。


巻末に掲載してある初出一覧を見てもジャーロや野生時代、小説TRIPPERと発表している場もさまざまで次回作がいつなのか、そもそもあるのかないのかさえもわからないというキッド・ピストルズファンにとってはやきもきさせられます。まぁ、パラレルワールドでは歳をとらないそうなので、次を気長に待つことにしましょう。





気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。