ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

ガリレオの苦悩(東野 圭吾/著)

ガリレオの苦悩を読了しました。


久々の『湯川准教授』は、福山雅治のイメージが先行してしまい、ちょっと違和感があります。テレビドラマや映画(確認)を観たというわけではないんですけれど・・・。なんだか演じた役者でキャラが固定しちゃうのって違和感がありますね。


本書ガリレオの苦悩は、落下る(おちる)/操縦る(あやつる)/密室る(とじる)/指標す(しめす)/攪乱す(みだす)の5編からなる短編集。ボリューム的に中編と呼んだ方がしっくりくる作品もあります。


いちばん印象に残った作品は、2番目に登場する”操縦る”でした。
あまりホンネというか気持ちを現さない学者然とした湯川教授のやさしさに触れられたせいだと思います。


次に『湯川准教授』にお会いするのは、聖女の救済でしょうか。
ガリレオシリーズの長編モノ、まだ手元にありませんが今から楽しみです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。