ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

マスカレード・ホテル(東野 圭吾/著)

マスカレード・ホテルを読了しました。
登場するのは人情味あふれる加賀刑事でも例の物理学者でもなく、警視庁の刑事・新田浩介。この新田刑事が潜入調査としてホテルの従業員に扮し、フロントスタッフの女性・山岸尚美とともに連続殺人事件の謎を探るという長編モノです。


ストーリーが進むに連れて読者に紹介されるのは、外からは決して見ることのできないホテルの裏側です。華やかなイメージばかりが先立つため、プロのホテルマンの考え方や行動そして隠された苦労に驚かされました。


徐々に鍛えられ、精神的に成長していく新田刑事にもとても親近感が湧きました・・・こうして東野作品のキャラに引きこまれていくんですね。


461ページにも及ぶ長編ミステリーですが、栞を挟むことなく一気に読めてしまう一冊でした。



気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。