ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

仮面山荘殺人事件(東野 圭吾/著)

仮面山荘殺人事件icon読了しました。


物語の書き手を「神」と呼んだりしますが、いい意味でも悪い意味でもまさに仮面山荘殺人事件iconは、神の手によるもの。


いわくありげな8人が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入。脱出計画も頓挫し緊迫した状況の中、ついに被害者が!という内容の本書、なんとなく犯人はコイツかも・・・なんて考えながら読むのがミステリーの「正しい読み方」だと考えていると、ラストでまちがいなくやられます(^^;)


これがアリなのか、それとも反則なのか。賛否両論だと思いますが、小説ではなく実社会では大いにありうることだし、ラストのシーンは情景を見ているように思い浮かべることさえできます。特に2階の廊下にみんなが並んで、じっと見下ろしているなんてあたりは感情移入して読んでいると恐怖さえ感じました。


最後になりますが個人的な意見を。
読んでみて楽しませてもらいましたが、やっぱり反則だと思います。



気になる評価は・・・★★☆☆☆
タグ:ミステリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。