ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

回廊亭殺人事件(東野 圭吾/著)


icon
icon

回廊亭殺人事件
は久しぶりに手にした東野氏の長編ミステリーでした。


ストーリーのさわりをちょっとだけ。
莫大な遺産を相続するにあたり、遺言状公開のため"回廊亭"に集められた一ケ原一族。
そこに招待された老婆。老婆には忌まわしい過去があり・・・


たくさんの影を引きずりながら始まるのですが、それがひとつずつ解き明かされていきます。復讐のために犯行を起こそうとする者が犯人探しをするという凝った作りになっていますが、その駆け引きに引き込まれました。


真剣に読み込んだつもりなのに犯人を推理できず、個人的にかなり悔しかった1冊です。その敗因は・・・続きを書くとネタばれになりそうなのでこのあたりで辞めておきます。



回廊亭殺人事件
文庫サイズで308ページ、一気に読めてしまうので手に取ってみては。


気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。