浪花少年探偵団 & しのぶセンセにサヨナラ(東野 圭吾/著)


icon
icon

icon
icon
浪花少年探偵団iconしのぶセンセにサヨナラ 浪花少年探偵団・独立篇iconを一気に読みました。


このストーリーにも エリート社員の本間、ヒラ刑事の新藤や子供たちといった愛すべきキャラクターが多く登場します。
でもやっぱり総括しているのは”しのぶセンセ”ですね。なにしろインパクトが違いますから・・・。


ちょっとネットで調べ物をしていたら(トラックバック先です ^^;)この小説、テレビしかもNHKでドラマとして放映されていたのですね。まったく知りませんでした。そしてキャストを覗いて見るとしのぶセンセ役は山田まりやサン・・・なんかイメージ違うな(^^;)。


個人的にはもっとたくさんのエピソードができるのかと思っていたのですが、文庫本2冊分で終演。
すっかり感情移入できたので、ラストはちょっと残念でした。





気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。