ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

怪しい人びと(東野 圭吾/著)

本書怪しい人びとiconは、寝ていた女・もう一度コールしてくれ・死んだら働けない・甘いはずなのに・灯台にて・結婚報告・コスタリカの雨は冷たいの7つからなる短編集。


まず1作めの寝ていた女を読むと、ミステリーは怪しい容疑者をやっぱり消去法で消し込んでいくのが解き明かすための王道なのだと改めて感じさせてくれる作品。わかっているのにいつも東野氏には翻弄されてしまうんですけどね。


一番印象に残ったのは”灯台にて”でした。
きっと神経を尖らせながら集中して読めばわかることと思いますが、ノーマルな男性にとってこれほど恐いものはないかも。そのあたりを匂わせつつストーリーを進めるあたり、筆者の文章力を目の当りにできます。


怪しい人びとicon短いながらも本格推理モノあり、恐怖モノ(?)ありと非常に楽しませてくれる一冊です。



気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。