ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

犯人のいない殺人の夜(東野 圭吾/著)


icon
icon
ミステリーという枠組みからちょっとはずれた作品を含む本書犯人のいない殺人の夜iconは7つの短編集です。



小さな故意の物語、闇の中の二人、踊り子、エンドレス・ナイト、白い凶器、さよならコーチ、そして表題にもなっている犯人のいない殺人の夜。



まず文句なく完成度の高い作品は「犯人のいない殺人の夜」。
センテンスの切り方や登場人物のうち誰の視点で見ているのかを考えながらじっくりと読んでいただきたい作品です。ひょっとしたら、筆者の仕掛けたトリックが解けるかもしれません。



いちばん印象深いのは「踊り子」。
小さな恋の物語というタイトルをこの作品に名づけてもまったく違和感を感じないかも。
実際には短編なのですが、読了後は長編を読み終えたような不思議な気分になります。犯人のいない殺人の夜、すべてのミステリーファンにお勧めします。





気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。