ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

白夜行(東野 圭吾/著)


icon
icon
発端は大阪の廃墟ビルで殺されたひとりの質屋。
決定的な証拠がつかめず事件は迷宮入りするが、執念で犯人を追い続ける老刑事と被害者の息子と容疑者の美しい娘。


白夜行icon読了しました。
いろんな視点からひとつの大きなストーリーが描かれるため、登場人物が多くちょっと戸惑ってしまいましたが読みごたえ充分の作品。



テレビドラマを観ていないので、残念ながら比較したコメントは書けません。
そして白夜行iconを手に取ると見た目はボリューム満点なのですが、さらりと読むことができます。ラストは「衝撃」のひとこと。ここまでひっぱったのだからもうちょっとひねりが欲しいという欲張りな意見と、落としどころはここしかないかなという満足感から出る感想がまだ自分の中では入り乱れています。



とにかく白夜行iconも手にとって開いてみてほしい一冊であります。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。