ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

むかし僕が死んだ家(東野 圭吾/著)


icon
icon
むかし僕が死んだ家iconは幼い頃の記憶がない、以前別れた彼女と一緒に彼女の過去を探るために旅に出る主人公のストーリーです。


設定が突飛ならストーリーも突飛。いつの間にかふたりの世界に紛れこんで、一緒に”家”の中を散策しているような錯覚に陥ります。このあたりは筆者の臨場感溢れる描写に脱帽です。



欲張りを言わせてもらえば、もっといろんなところに伏線がほしいところ。きっちり謎解きは行われてはいますが、読了後物足りない気分にさせられました。

次作に期待します。





気になる評価は・・・★★☆☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。