ヒ 東野 圭吾カテゴリの記事一覧

カッコウの卵は誰のもの(東野 圭吾/著)

刑事「加賀恭一郎」が活躍するシリーズ、ガリレオ「湯川学」が活躍するシリーズなどキャラが立ったシリーズは当たり前に好きになっている今日この頃。それとは別に単発で発表される小説から新しいメインキャストが登場するかもしれないとか、変わった世界観の中で活躍するのも・・・とか、東野作品を手に取ったときに軽く緊張してしまいます。

カッコウの卵は誰のものもそんな一冊でした。

隠し事のある父と才能のある娘。徐々に感情移入しつつカッコウの卵は誰のものというタイトルから連想される托卵を頭の片隅に置きながら考えながら読みました。ひょっとしたら悲しい結末を予想しながら・・・。

考えていたのとは違う結末。なんとなく消化不良に終わった気がするのは東野作品に対しての期待が大きすぎたからでしょうか。ん〜、次の作品に期待します。


気になる評価は・・・★★☆☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。