■ヤ行の作家カテゴリの記事一覧

爆走道化師(吉野 敬介/著)

伝説の講師としての吉野氏のご活躍をまったく知らずに手に取った一冊は、爆走道化師
とても読みやすい文章で、作中暴れ回る”ケースケ”が後のカリスマ講師とどうにも結びつかないイメージがありました。


爆走道化師の帯には吉野氏の経歴など細かに書かれていたんですね・・・図書館で借りたもんで・・・。


読みやすい文章を書くのは、多分にセンスが必要だと考えています。
このセンスでつづられた小説も読んでみたいなと感じさせてくれる一冊でした。
ホントに書き下ろしの小説、期待していますヨ!




気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。