ヒ 東川 篤哉カテゴリの記事一覧

謎解きはディナーのあとで(東川 篤哉/著)

謎解きはディナーのあとでを読了しました。
本書は刑事であり『お嬢様』である宝生麗子と、彼女に仕える毒舌執事影山が繰り広げる謎解きの短篇連作集です。


シリアスなシーンにも関わらず突如ギャグをはさんでみたりする文体に最初は違和感があるのですが、慣れてしまえばこれも魅力の一つと思えてしまいなんとも不思議です。宝生麗子と執事の影山、この二人の絶妙な掛け合いが最大の見どころで、ミステリー色はかなり薄まっているように感じます。しかし執事の影山登場をスイッチにして出題編と解決編を分けることができる点やミステリーの難易度が低い点などはビギナーに優しくなっています。


お嬢様と毒舌執事の掛け合い、できれば続きが読みたいと感じさせてくれる謎解きはディナーのあとで。是非手に取って開いてほしい一冊です。



気になる評価は・・・★★★★☆
タグ:ミステリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。