ミ 宮部 みゆきカテゴリの記事一覧

とり残されて(宮部 みゆき/著)

「半分の月が・・・」が一段落したのでミステリーに戻ろうと、とりあえず手に取ったのは宮部みゆきさんのとり残されて

とり残されて
おたすけぶち
私の死んだ後に
居合わせた男
囁く
いつも二人で
たった一人

表題を含む上記7つのストーリーからなる短編集です。
悲しげな話が中心ではあるのですが、ちょっとゾッとする話や笑えないくらいくらいブラックな話など色とりどりで楽しめました。

いちばん印象に残ったのは「いつも二人で」。
地縛霊のちょっぴり悲しいお話です。

連作ではないバリエーションに富んだいくつものストーリー。読者にとっては筆者の力量を推し量ることができる題材にあえて挑戦する。非常によくできた一冊でした。

とり残されて。湿気でムシムシして眠れない今の時期、開いてみるには最適かもしれません。



気になる評価は・・・★★★☆☆
タグ:短編集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。