ヨ 吉村 達也カテゴリの記事一覧

ディープ・ブルー(吉村 達也/著)

被害者の顔に青いスプレーをかけて立ち去る連続殺人半は自らを「ディープ・ブルー」を名乗った。

活字中毒のブックレビューでとりあげる都合4冊めとなる吉村作品は、ディープ・ブルーです。
読者に予備知識として情報を与え、いかにも怪しそうな容疑者のなかから真犯人を絞りこんでいくというミステリー特有のプロセスはそのまま、大きな波をつくりながら読者を引きつけていく様は圧巻。

最後の最後までどんでん返しが続くのは、多少ひねりすぎのきらいもありますが読んでいて楽しませてくれます。
鬱という病気がテーマになっていて、どんな方向にいくのかと読了するまではらはらさせられた作品。

「ホラーの吉村達也」から読みはじめたのですが、何時の間にかミステリーの吉村作品に毒されてしまっていました。




気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。