コ 小林 泰三カテゴリの記事一覧

脳髄工場(小林 泰三/著)

脳髄工場を読了しました。

本書は表題になっている脳髄工場、友達、停留所まで、同窓会、影の国、声、C市、アルデバランから来た男、綺麗な子、写真、タルトはいかが?の11編からなる短篇集です。うまく表現できないのですが、どのストーリーもラストで”裏返される”ような妙な読了感が残ります。


印象に残った作品は、「タルトはいかが?」。
ラストシーン、特に落としどころに注目して読んでみてください。


気になる評価は・・・★★★☆☆
タグ:ホラー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。