サ 坂木 司カテゴリの記事一覧

大きな音が聞こえるか(坂木 司/著)

このところすっかりミステリー色が消えてしまった坂木作品。
それでも読み続けているのは、描かれている作品に登場する魅力的な人物に強く惹かれるからでしょうか。


大きな音が聞こえるかに登場するのはサーフィン好きな高1の男の子。彼はアマゾン川を逆流するポロロッカの存在を知り、単身ブラジルを目指します。


その年代でないとできない貴重な体験、若くなくても響いてくるもの・・・。主人公である泳を通していろんな体験をさせてくれる一冊です。599ページとかなりのボリュームなのですが、栞を挟むことなく一気に読了することができました。


泳ほどではないものの、若い頃に一人旅を体験したなら一緒に楽しめることができるはず。
是非手にとって”体感”してみてください。



気になる評価は・・・★★★★☆
タグ:一人旅
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。