サ 坂木 司カテゴリの記事一覧

夜の光(坂木 司/著)

常に仮面を被って過ごしている4人のスパイ。
コードネームはブッチ(黄川田祐一)、ギィ(安田朱美)、ゲージ(青山孝志)、ジョー(中島翠)。高校3年生の彼らの敵は様々なのだが、ミッションを推敲すべく困難に挑んでいく・・・。

多分、夜の光を開いた方なら、ニヤリとしながら冒頭のセンテンスを読んでいただけるはず。坂木司氏の最新刊は、高校の天文部を舞台にしたライトミステリー。将来のことなどほとんど考えずにのほほんと過ごしてしまった自分の3年間と比べると、なんと濃密な時の使いかたをしているのだろうと感じてしまいました。


季節外れの光
スペシャル
片道切符のハニー
化石と爆弾
それだけのこと


本書は上記5編の短篇からなる連作集。それぞれのストーリーは登場人物4人が主役をもちまわりで綴られています。個人的に残念なのは新しい著作が登場する度ごとにミステリー色が薄れてきていることでしょうか。夜の光で描かれた物語も嫌いというわけではないのですが、鳥井や沢田に代わる安楽椅子探偵の登場を渇望している自分がいます。

それでも秋の夜長にじっくり読み込める一冊。
おいしい珈琲片手に開いてみてください。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。