サ 坂木 司カテゴリの記事一覧

シンデレラ・ティース(坂木 司/著)

シンデレラ・ティースを読了。
この作家と決めたら、発行順などおかまいなしに”雑読”してしまうのだが、坂木氏の作品については、意識して発売順に沿って読んでいます。これは多分、ひきこもり探偵シリーズに名前を知らないキャラクターがひとりも登場していないことに由来しているかも。
きっとどの作品も登場人物を大切に扱っていそうな気がしたせいのように感じます。

シンデレラ・ティースの舞台となっているのは歯医者さん。自分にとっても敷居が高く感じて、本当に切羽詰まってからでないと足を向けない場所なだけに、主人公叶咲子にはスッと感情移入ができました。
本書も他の作品同様ミステリーが盛りこまれていますが、なんだか異色な印象を受けますが、坂木氏の読みやすい文章はそのまま。楽しめる作品に仕上っています。

あくまでも気分的に・・・ですが、ちょっとだけ歯医者さんが苦手ではなくなってきた気がします。


気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。