ア あさの あつこカテゴリの記事一覧

晩夏のプレイボール(あさの あつこ/著)

晩夏のプレイボールは、練習球、驟雨の後に、このグラウンドで、空が見える、街の風景、雨上がり、ランニング、東藤倉商店街、練習球2の10編からなら短篇集です。


最後の最後、「ゲームセット」の声を聞くまで勝敗の行方がわからない野球。やっぱりその人を惹きつける力ってすごいよなと感じられるストーリーばかりです。実際の白熱した試合の場面はほとんど登場しなくても、男でも女でも・・・。


上手に表現ができないので詳細については本書に譲るとして、野球の持つ大きな力をぜひ感じてください。今年も夏がきます。灼熱の甲子園大会、果たしてどのようなドラマを魅せてくれるのでしょうか。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。