イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

リスの窒息(石持 浅海/著)

最初から犯人がわかっている作品を、ミステリーではなくサスペンスと呼ぶのだそうです。


久々に手にした石持作品「リスの窒息」はスパイスの効いたサスペンス仕立てでありました。


秋津新聞社投稿課に届いた一通のメール。添付ファイルに写るのは、拘束された女子中学生。じわじわと追い詰められていく新聞社と犯人の攻防は、かなりの読み応えです。


新聞社の中の人間関係やパワーバランスも巧妙に絡み合い、とても身動きがとり辛そうな部分も実際に勤めているような変な気にさせられます。


ただ最初にも書いたように”ミステリー”ではなく”サスペンス”なので、新聞社にいるような疑似体験はできても彼らと一緒に考えたりすることができず、その分感情移入も弱くなります。


もともとは石持氏の描く安楽椅子探偵が登場するミステリーに魅せられたのが読み始めるきっかけでした。その分、自分の中では石持作品のハードルが高めに設定してしまっているのかも・・・。


リスの窒息、今まで魅了された作品群とちょっと毛色は違いますがテレビのサスペンスドラマにでもなりそうな作品でした。




気になる評価は・・・★★☆☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。