イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

顔のない敵(石持 浅海/著)

対人地雷を題材にした短編集顔のない敵を読了しました。

作品リストはつぎのとおり。
・地雷原突破
・利口な地雷
顔のない敵
・トラバサミ
・銃声でなく、音楽を
・未来へ踏み出す足
・暗い箱の中で

平和ボケだと言われようが何しようが、日本国内にいるかぎりは地雷で片足が吹っ飛んでしまうといった恐れはありません。ですから顔のない敵に登場するお話のほとんどは、どこか遠くの出来事で身近に感じることができませんでした。


読了後にもいろいろと関連資料を検索してみたのですが、Wikipediaの地雷ー転用欄を一読してみても、やっぱりこの国が平和であることを物語っているようです。


そんなかなり遠い存在の地雷に対する石持氏のアプローチ、一読者として確かに受けとることができたと思います。さすがに撤去にかかる莫大な費用を出したりはできませんけれども。



顔のない敵、テーマは重いですが、読み物としてカッチリと書かれています。石持氏のデビュー作も掲載されている本作はオススメの一冊です。



気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。