イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

君の望む死に方(石持 浅海)

長編ミステリー『君の望む死に方』を読了しました。
舞台は企業に成功し大企業になったソル電機の熱海保養所。膵臓がんで余命幾ばくもない創業社長は、残された命を”殺されること”によって幕を引く決意をしています。


保養所には将来有望な4人の社員が集められるのですが、その中に社長の命を狙う動機のある社員が・・・。殺されたい被害者役と動機がある犯人役。どちらにも同じ目的があるのでストーリーはスムーズに進むのかと思われますが、意外な人物が登場します。


本書、君の望む死に方は密室殺人や不可解な死。推理小説は事件が起こってから始まるものという先入観を見事に取り去ってくれる一冊です。


既読の扉は閉ざされたままから2年後という設定で、”扉は・・・”でも活躍した頭脳明晰な若い探偵がまたもや見事なキレ者っぷりを発揮してくれました。


犯人役と被害者役それぞれの視点からストーリーが進むのも、感情移入しやすかったです。しかし、扉は閉ざされたまま君の望む死に方でその力を発揮する頭脳明晰な若い探偵。とても魅力的なのでしょうけれど、実在するとしたらお友達にはなりたくないなぁと感じました。




気になる評価は・・・★★★☆☆
タグ:ミステリー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。