イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

心臓と左手(石持 浅海/著)

石持作品を手にするのも、とうとう11冊目となりました。先ほど読み終えたのは、心臓と左手。サブタイトルは”座間味くんの推理”とあります。


座間味くんといえば月の扉。魅力的な印象があったキャラの再登場と、当時の活躍を思い出させられる表紙絵にとても期待が大きくなった1冊でした。


心臓と左手を開いてみると、長編推理モノだった月の扉とは違い短編集でした。

貧者の軍隊・心臓と左手・罪の名前・水際で防ぐ・地下のビール工場・沖縄心中・再会という7編。
大迫刑事の語る解決済みの事件を、我らが安楽椅子探偵(酒飲み探偵?)座間味君の視点で見直すと違うモノが見えてくるというストーリーなのですが、やっぱりヒントはあちらこちらに鏤められていて・・・。悔しい思いをしたくなければ、本書心臓と左手も、集中して読み込むことをオススメします。


そして印象に残った作品はやっぱり最後に収録されている”再会”。
再会というキーワードから受ける印象は、どちらかというと否定的なものではないはずなのですが・・・。


6年後、玉城聖子ちゃんが高校を卒業する頃、また”再会”はあるのでしょうか?・・・あるといいな。



気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。