イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

まっすぐ進め(石持 浅海/著)

何気なく手に取った一冊に、感情をものすごく揺さぶられてしまった経験があります。後は貪るようにその作家の作品に没頭してしまう。


最近では坂木司氏の青空の卵という作品でした。


なんとなく似た感覚があったまっすぐ進めは、ふたつの時計/ワイン合戦/いるべき場所/晴れた日の傘/まっすぐ進め の5つの短篇からなる連作集。


少ない証拠を元にして論理を展開していって結論に結びつけるあたりは、『鳥井』っぽくてこのような形でストーリーが展開していくのが、きっと読んでいて好きなんだと再確認させてくれました。


まっすぐ進めに掲載された5つの作品の中で、いちばん印象に残ったのが最後から2番目の晴れた日の傘。なんだか泣けてくる内容です。


突飛なトリックを披露してくれるミステリーも好きですが、日常にあるミステリーを拾って説いてくれるのも大歓迎。今年の秋は石持浅海に浸ってみようと思います。




気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。