イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

届け物はまだ手の中に(石持 浅海/著)

届け物はまだ手の中にを読了しました。
恩師の復習を果たした主人公楡井が、昔の親友に報告に赴くが・・・。


ちょっとした違和感から真意を探っていく展開は石持作品の十八番です。
個人的にはこの点が好きで、手に取るのを続けています。


そういう意味では納得の一冊でした。


最後に要されたクライマックスで、また驚きの展開。
「なるほどそうくるか」と感心しつつ、泣き笑いしてしまいました。


サクサクと読めてしまう点も魅力のひとつ。
手にとって開いて欲しい一冊です。


気になる評価は・・・★★★★☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。