イ 石持 浅海カテゴリの記事一覧

彼女が追ってくる(石持浅海/著)

君の望む死に方
扉は閉ざされたままと似たような装丁の、彼女が追ってくるを読了しました。


犯人と被害者との誰よりも濃い関係。
無差別とか通り魔のようなワードがつかないのならば犯人と被害者は少なくても顔見知り・・・?
そんな安直な想像で彼女が追ってくるを開くと、大きな見落としをしてしまうかも。見落としがあると理詰めでズンズン近寄ってくる石持作品は楽しめないかもしれません。


中条夏子は、かつての同僚で親友だった黒羽姫乃を刺殺した。舞台は、旧知の経営者らが集まる「箱根会」の夜。
愛した男の命を奪った女の抹殺は、正当な行為だと信じて。完璧な証拠隠滅。夏子には捜査から逃れられる自信があった。さらに、死体の握る”カフスボタン”が疑いを予想外の人物に向けた。死の直前にとった被害者の行動が呼ぶ、小さな不協和音。平静を装う夏子を、参加者の一人である碓氷優佳が見つめていた。



逃げる犯人を距離を詰めながらものすごい勢いで追いかけてくる被害者という図式が頭の中にリアルに広がりました。大変良くできたサスペンスを存分に楽しませて頂きました。



気になる評価は・・・★★★★☆
タグ:サスペンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。