ハ 橋本 紡カテゴリの記事一覧

半分の月がのぼる空7・8(橋本 紡/著)

半分の月がのぼる空の残り2冊は短編集となっています。
1〜6巻を本流とするなら、7〜8巻はいわばスピンオフという位置づけでしょうか。


谷崎亜希子の思いや、出逢った頃の里香や裕一のお話などが収録されていました。
一番思い入れの深かった作品は7〜8巻にまたがって前・後編となっている雨という作品。多分本編を読んだ人には・・・そうでなくてもかなりグッとくるものがあります。


大泉先生も出演する実写版の半分の月がのぼる空、公開直前の予習として読もうと思っても8冊もあるとかなりキツいかも。


それでも読んでおくと、半分の月がのぼる空の織りなす世界観にすぐに浸れるかもしれません。


全8冊を読み終えた今は、遅ればせながらではありますがこの作品に出会えて良かったと感じています。




気になる評価は・・・★★★☆☆
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。